KuriKumaChan’s diary

Kuri ちゃんと Kuma ちゃんの飼い主の独り言

春めいてきただけなのに QNAP の NAS のファンが回り始めてビックリした

ダイニングの隅のラックに載せてある QNAP の NAS (TS-453Be) のファンが突然回り出しました。 最近気温が高くなってきたとは言え、まだまだ外気も 20° には届かないのにファンが回るとはちょっとビックリ。

室温は 17°C 位なのに

夜ふと気付いたら急に NAS のファンが回り出しました。今までも夏の暑い時期ならたまにファンは回っていましたが、まだ春めいてきたくらいの頃にファンが回るのは初めてでした。部屋の温度は 17°C 台でしたが念の為に NAS 内部の温度を確認しました。と言っても QNAP の管理アプリがスマホに入れてあるので簡単です。

f:id:KuriKumaChan:20220313180551p:plain
スマホアプリの QManager で手軽に確認

NAS 内部は 35°C になっていました。ファンが回り始めて少し経ってからチェックしたので回り始める時はもう少し高かったかもしれません。

気になるので NAS の掃除をしてみる

これからはさらに気温が高くなるので、やはり放っておくのは心配です。そう言えば昨年末はバタバタしていて NAS の大掃除はしていないので、NAS を導入した 2020年末の大掃除から放置していたかもしれません。そこで NAS をシャットダウンして掃除をすることにしました。

f:id:KuriKumaChan:20220313180844p:plain
まずは背面。そこそこ埃が溜まっている。
最初に背面を確認すると、ファンの通気口自体はさほど埃は溜まっていませんが、コネクター、特に増設の 10GbE & キャッシュのボードのコネクタ周りは埃で埋まっています。まず掃除機でこの辺りの埃を取り除きます。

次に外観を一通りチェックすると底面には埃が溜まっているというか埃で通気口が詰まっていました。

f:id:KuriKumaChan:20220313181329p:plain
底面の通気口にはビッシリと埃が
底面はラックの棚がメッシュになっているため空気の通りは良いはずですが埃が多かったのでしょう。これだと内部の温度は上がりそうですね。

あとカバーを外して確認しました(残念ながら写真を撮り忘れました)が、カバーのレール部分には少し埃が溜まっている程度で HDD の間や基盤周りにはあまり埃はありませんでした。空気の流れに対する設計が良いのでしょうかね。

狭いスペースに設置したラックは埃が溜まりやすい?

私の家は結構掃除をしている方ですが、専用のマシンルームや配線室に比べれば人の動きもありますし埃は当然あるのでしょう。
NAS をおいてあるラックは過去にご紹介したような壁と棚の間の隙間に押し込むようなモノです。ラック自体はたまに引き出して床に掃除機はかけているつもりだったのですが、それでは不十分で個々のデバイスももう少しこまめに掃除してあげないといけないようですね。 blog0.kurikumachan.com

ということで、少なくとも年末大掃除では確実に綺麗にしてあげることを忘れないようにします。